3.1 ダイエット咀嚼トレーニングの開始

実際の食事中に食べ物を咀嚼しながら、咀嚼回数を自動カウントできます。
(実際に食事されながら使用されることをお勧めします)

メニュー画面の摂食咀嚼自動カウントボタンをタップすると以下の摂食咀嚼自動カウント画面が表示されます。

training

ダイエット咀嚼トレーニングの開始

「スタート」
専用イヤホンを装着し、「スタート」ボタンをタップします。
咀嚼を始め、一口分咀嚼が終わり飲み込んだ際に口数が1ずつ増えます。
一口終了の判定は、咀嚼が終わってから一定時間経過したかどうかでされます(初期設定では3.8秒の間があると一口分が終了したと判断されます)。

training2

一口分終了の判断がされると、一口平均、平均咀嚼速度、平均口間時間、平均一口時間が計算されます。

「ストップ」
ストップをタップし、咀嚼カウントを終了します。
training3

 

「保存」
「ストップ」ボタンをタップすると保存ボタンがタップできるようになりますので、保存したい場合は保存をタップします。

training_save「咀嚼データ登録」画面が表示されますので、血圧など変更したい項目がある場合は変更をします。

例:食材の硬さの変更

下にスクロールします。

save1

 

 

 

 

 

 

「食材の硬さ」をタップすると、「硬い」「普通」「柔らかい」「選択しない」から選択できるようになります。

save2

 

 

 

 

 

 

変更が完了しましたら、保存をタップします。

 

以下、ダイエット咀嚼トレーニングにて計測される項目

左上ボックス:現在の咀嚼カウント
右上ボックス:総咀嚼カウント

平均口間時間:一口終了から次の一口迄の平均経過時間

平均一口時間:咀嚼を始め、一口分咀嚼が終わるまでの経過時間

一口平均:咀嚼を始め、一口分咀嚼が終わるまでに咀嚼した回数の平均

平均咀嚼速度:一口一口咀嚼する中での咀嚼速度の平均